第2章 第3節『整容に関連した・・・』は身じたくの大切さを理解する‼

ごぶさたしております、石田です。約3週間ぶりの更新となりました.../(;^ω^) 自分で決めた計画では、週に1回以上はUPだったのですが、何だかんだありまして...とついつい出来ない言い訳探しを始めてしまいます。「出来ない言い訳でなく、どうすれば出来るのかを考える」頭では理解できているのに、行動に移せない。こういったことは、仕事に限らず生活の中には、あふれかえっております。些細なことでも『なんで?』と掘り下げて考えて、さっと行動に移せる←これが習慣化できる人になりたいと常々思っております。ご挨拶のつもりが、ちょっと長くなってしまいました。

今回の科目は『整容』です。整容と言われても、普段あまり使わない言葉ですよね。言い換えたら、身支度や身だしなみのことです。例えば、洗面・整髪・爪やひげの手入れ・化粧、着替えなどのことです。この整容ですが、本人らしさをつくる上では大変重要なことにもかかわらず、介護の上では手を抜かれがちな行為でもあります。その方の生活の質を高める、心身とも健康になるだけでなくその方の尊厳を守ることにつながってくる行為でもあります。

以前、デイサービスで仕事をしていた時のお話になります。お迎えに伺っても、なかなかスムーズに出てこられない利用者さんの対応で悩んでいたことがあり、送り出しのヘルパーさんに入ってもらうことになりました。それですぐに解決かと言えばそれでも難しく、離れて住むご家族にわざわざ来て頂き、ヘルパーさんご家族交え3人がかりで何とか・・・いやいや、やっとでした。

そこにベテランヘルパーさんが担当されてから突如と状況が好転‼ 玄関先で和やかに談笑して待たれているではないですか(゚д゚)!

いったい、この劇的な変化は「何⁉」なんですが、このベテランヘルパーさんがされたことは「単に普通のことをしただけ」とのこと。さすが、ベテランヘルパーさん。さらっと言われる言葉にも余裕を感じます(*’ω’*)

では、普通のこととは・・・⁉いったい何?ですよね。それは、何も特別なことではなく自分がでかける時に行う=習慣としていることで利用者さんのペースで意向を聞いて行っただけだそうです。単に顔を拭いて、クリームをつける。その後に髪を整える。そして、鏡で見てもらう。これだけのことですが、ご本人にとっては大切にされている、丁寧に対応されていると感じられたのかもしれません。

誰にだって人前に出る時は、時や場所を考えて自分らしい身だしなみを整えようとすると思います。他人に不快感を与えたくない、良い印象をもってもらいたいなど心理的な部分も関係するため、そういった心の動きが行動につながってくるように感じます。授業では、身じたくを整える意義やその効果について理解できるように努めています。

  口腔ケアの説明をする土田先生

口腔ケアについては、実際にケアスポンジや口腔用の保湿ジェルなどをご自身で試し、その立場の方の理解を促します。

衣類の着脱介助は『脱健着患』が原則になります。私が学んだ時代は着患脱健だったような・・・。同じことなんですが、時々ごっちゃになってしまう時があります( ;∀;) 麻痺のある方の場合、脱ぐ時は麻痺のない方から=健側、着る時は麻痺側から=患側行うということ。その理由は、麻痺側の関節などに負担をかけないためです。

実習では麻痺側にグレーのアームカバーを付けて行いますが、介助する方も利用者役も麻痺側が分からなくなることも、しばしば。そもそも、デモを行う講師の私が『どっち⁈』となります。

左右間違っても、単に麻痺側だからではなく、まずは原則としてその根拠を理解することが大事ですね。

 ベッド上での更衣 

ベッド上での介助では、特にベッドの高さを上げる。ボディメカニクスを活用する。この2つが大変、重要になります。前のめりの姿勢のままでの介助になるので、腰にかなりの負担がかかります。腰は、身体の『要』ですから(‘ω’)ノ

 和式寝間着の更衣介助

和式寝間着=浴衣式の介護衣での実習も行っています。着られている方は、余りいないかもしれませんが・・・。だからこそ、取り入れています。なぜなら、今しか出来ない経験をしてほしいと考えるからです。

和装は日本を代表する文化にもかかわらず、着物離れがすすみ 着たことがない、七五三、成人式以来が殆ど。しかも着付てもらってなので、自分で着られる方が本当に少ない現状です。

自分で着られたとしても、年に数回も着物を着る機会もそうそうなく自分で鏡を見ながらとなると襟の合わせが逆になってしまっている。そんな方残念な方を祇園祭でよくお見かけしておりました。若い頃は、私もその幽霊のような一人でしたが( ´艸`)

整容の科目では、さまざまな介助があります。その中で、もっともよく行うであろう更衣の介助は、端的に言うと衣類の交換を行うことです。しかしながら、着替えられたらいいのではなく、その方の着たい服を自ら選択でき、プライバシーが守られ安心した中で行える。出来るところはご自身でやって頂く、その中で体調や着心地などの配慮を伝え対応する。こういった一つひとつがその方の『尊厳』につながるように思います。冒頭のベテランヘルパーさんは、かかわりの中で自然と実践されていたのではないとかと推測します。プロ意識を持った方だと、そう記憶しております。単に介護技術やノウハウだけでなく、その方のQOLを高めるその為のアシストと捉えることが何よりも大切だと考えております。

【 福祉 × AI はどこまで進んでいるのか】ぶらり京介護チャンネルラジオ

2022/04/19放送分

AI化、自動化、オンライン化・・・など

介護福祉の業界ではどこまで導入が進んでいるの?

地方の中心街からも遠く離れたエリアに住む利用者さんの例を交えながら、現状や課題について深掘りトークです!

 

■テキスト代込み!無料で受講できる初任者研修講座が今年も開催決定!
開講スケジュールはこちら
グリーンライフカレッジ開講スケジュール

関連記事▼
グリーンライフカレッジ 2022年7月開催受付開始

■5/29(日)開催!京都最大級の介護・福祉の合同説明会!!
「きょうと福祉人材 育成認証制度」で認証済みの選りすぐりの事業所 ”のみ” が出展!
詳細はこちらから▼
京都福祉就職フェア2022特設サイト

詳しくは動画で!

 

FMラジオ番組 ぶらり京介護チャンネル
介護業界のあんな事・こんな事を配信しています

障害者のための 京都ぶらり旅の副音声的ラジオ版
放送前、放送後のオフレコトークを含めた
介護に関する様々な話題をいろいろな角度から伝える情報番組
ラジオでしか聞けない話をお楽しみください!

MC:サクセスフルエイジング(まごのて北山) バイク小谷
パーソナリティ:グリーンライフ(まごのて右京・衣笠) リヴァイ大佐

配信情報
■京都ラジオカフェ FM79.7(http://radiocafe.jp/)
 第1・第3火曜日 12:39〜12:59
■RADIO MIX(KYOTOFM)FM87.0(http://radiomix.kyoto/)
 第2・第4水曜日 14001421

You Tubeチャンネル チャンネル登録はこちら!

ツイッター フォローはこちら!

<

第2章 第4節『移動・移乗に関連した・・・』2日目外出支援

こんにちは、石田です。ようやく、投稿の感覚をなんとか取り戻しました。また、『どうやったっけ((+_+))』になる前に授業の内容紹介をしていきたいと思います。

前回に続き、移動・移乗の2日目。午前中には、車椅子の構造や安全な操作を学びます。
車椅子は、自走式・介助式・ティルト式のものがあり、それぞれの特徴や留意点をふまえ試乗します。

 ティルト式の車椅子

その後は、床走行式リフトの操作や試乗もおこなっています。試乗については、ここでしか出来ない体験ではないでしょうか(*´ω`)

 リフト体験  

また、立ち上がり介助の際には三角布の扱い方をレクチャーしています。知っているだけで、介護の場面だけでなく、事故や災害の際にも役に立ちます。

 三角布の当て方(ゴミ袋を活用)

午後からは、『外出支援』
向かう先は、ハートピア京都、そして地下鉄に乗り『京都御苑』です(=゚ω゚)ノ

車椅子の介助で大切なことは、段差の乗り越えや振動に対する配慮と声掛け。そして、交差点や曲がり角など車椅子が先に出る場面では、一旦止まることです。車椅子に座っている方は、目線の高さの違いから普段は気にもしたことがないことに「こわさ」や「不安」を感じることと思います。これは、実際に体験して感じて頂くことが一番ですね。

 まずは丸太町通へ

ハートピア京都では、エレベーターの乗降や階段の昇降介助、杖歩行(二動作・三動作)をします。昨日の授業では、理解して覚えていたことでも、いざ階段を目の前にすると『⁈』になってしまいます。

階段の際は、「行きはよい、よい 帰りはこわい」#とうりゃんせ

杖歩行(3動作歩行)はえ・ん・ん #つっかけ 

授業で紹介した語呂や覚え方のポイントを伝えると、皆さんスムーズ。語呂ってすごい!(^^)!

 階段昇降の介助

地下鉄丸太町駅から今出川駅まで乗車。車椅子での目線になって、知ることや初めて気づくことがたくさんあります。

障害者手帳を持たれている利用者の支援では、交通機関や公共施設の割引などが受けられます。事前の準備や行先のルート、トイレの場所の確認など。外出支援を数多くされている白澤先生ならではのお話がたくさん、まさに活きた授業ですね( ..)φメモメモ

 地下鉄丸太町駅の改札口

 乗車する際の留意点を説明

丸太町駅から今出川駅、そして京都御苑。

 ☜エレベーター内での気づき 

 京都御苑での砂利道

この日は舗装されていたのか思いのほか、車輪が埋まらずスムーズに走行…。あれっ?

 ☜休憩所には砂利道用の車椅子があります(‘ω’)

 多目的トイレ使用の説明

 視覚障害の方への介助

 車椅子での買い物支援

本来の外出支援と変わらない内容で行われます。その為に事前準備やルートの確認など、余念がありません(‘ω’)

皆さんから「ためになった」「視点が変わった」「もう一度行きたい」との感想を頂くほど、満足度の高い授業となっています。

 帰路につく頃には操作にも慣れて…

教室に戻ると皆さんが使っていた車椅子の手入れを行います。タイヤやフットサポートなどを拭き、元の位置に戻すまでが『外出支援』です。

 拭きなれないながらも、皆さん丁寧

この授業で得たことを今後、皆さんの支援に活かして頂ければ本当に何よりです(*´ω`)

第2章 第4節『移動・移乗に関連した・・・』1日目

ご無沙汰しております。石田です。4月は一度も投稿できず、気が付けば新緑まぶしい5月になっておりました…。おかげさまで、この4月でグリーンライフカレッジ開講3年目を迎え、第10期生を輩出することができました。本当に、ありがたいことです。たくさんのご縁に感謝しております。今後も講師陣、一丸となってさらに精進してまいります。よろしくお願いいたします。

さてさて(´-ω-`)

実を言いますと、この1か月近くのブランクで投稿に対する作業記憶が大幅に低下し、『あれっ。どうだったっけ』の連続でした。『今日こそはっ』と思いながらも、なかなか向き合えずにおりました。これは老いの始まり⁉いやいや、まだそれには早いっ。なんて抗いながら、何とか取り組んでいる次第でございます( ;∀;)

では、気持ちを立て直して・・・
この科目は2日わたり、実習します。まず、1日目からの内容をご紹介します。

ベッド上の移動には①水平移動(手前に移動する)②上方移動(上へ移動する)の2種類あります。実習では、この2つを組み合わせて行います。ベッドの下の方で奥で寝ている利用者さんを移動するがお題になります。☜どんなシチュエーションなんでしょう( *´艸`)

 ボディメカニクスを活かして

ベッド上での介助は、前屈みで中腰になり腰に負担の多くなります。また、利用者さん介助者の体格の差や力、身体の状況によっても、介助が難しい場面があります。そんな時に役に立つのが『スライディングシート』です。授業では、シートタイプや手袋タイプなど、いろいろなものをご紹介。状況に応じた福祉用具を活用することで、利用者・介助者両方が安全に安心して行えることを実感して頂いています。ただ、訪問先に必ずスライディングシートがあるとは限りません。そんな時は、その場にあるもの=おむつの袋を代用したり『大きなゴミ袋』を常に鞄に入れておくことをお勧めしています。

 スライディングシートいろいろ

基本、初任者研修の実習では『片麻痺の利用者』さんを想定して行います。麻痺側の患側を補うかたちで、麻痺のない健側を活用する=残存機能を活用することと、ボディメカニクスを活用、そして『声かけ』。この3つが特に重要です。声かけについては、単に伝えるだけでなく、利用者の観察や反応を確認することが大切だとお伝えしています。

午後からは車椅子の構造や立ち上がりの基本動作、そして端座位から車椅子への移乗を学びます。

  手順書で確認

科目ごとに修了評価を行っていますが、その際のポイントを手順書を記入しながら確認します。講師同士のデモや受講生の実習でのアドバイスを書き入れ、ご自分なりの「手順書」とすることもしかり、今後、皆さんが同行に付かれるときにもメモを取ることがあるかと思います。その際の予行練習になれば…とのねらいもあります(*‘∀‘)

PowerPoint スライド ショー – 9-4移乗・移動 更新★1-2

実際の現場でのベッドからの移乗、トイレへの移乗など動画を見て『実践』のイメージを持って頂いています。